購買意思決定プロセス調査

ところで、購入者はなぜ、その商品を買ったのか?

自社ブランドの課題やチャンスを明らかにするために、「ユーザ−がなぜ、自社の商品を選んだのか」あるいは、「購入を決定するファクターは何だったのか」といったことを知ることが重要な調査課題になってきます。ところが現在、行われているアンケート調査は購買時期や購買頻度、購買量、購買金額の回答をユーザーの記憶に頼っているため曖昧なものになりがちです。たとえば、ヘビーユーザーとライトユーザーをセグメントする場合でも購入頻度・量が不正確だとデータそのものの信頼性が揺らいでしまいます。

しかし、アクシバルの「購買意思決定プロセス調査」では調査サンプルとして、実購買者を対象とし、対象者の購買履歴、実際のテレビ視聴・Web接触、生活意識を統合した「3D(スリーディー)データベース3Dデータベース
同一人物のテレビ視聴、Web接触、購買、生活意識の各データを統合した、独自のデータベース
」を使用するため、事実を反映した正確な結果を得ることができます。たとえばヘビー・ミドル・ライト分析(HML分析)などでよく使われる購入頻度・量なども、実際の購買データから把握できるため、対象者のセグメントを厳密に特定して調査することが可能です。

そのほか、「トライアルユーザーとリピートユーザーのブランド意識の違いから、リピートユーザー獲得の方向性を探索」「実購買者の購買プロセスの把握」「自社ブランドの購買ロイヤリティーを上げるための切り口の特定」「購買にあたって参考にしている情報接点・経路の把握」など…、さまざまな目的に合わせた分析を行うことで、ブランド課題やチャンス、新商品開発の支援、コミュニケーション戦略の策定など、幅広い分野で活用できます。

図 図 図

購買意思決定プロセス調査についての
お問い合わせはこちらから

お問い合わせ