MindDMP

ネットユーザーの「心」は見えている?

従来のデータマネジメントプラットフォーム(DMP)は、ユーザーの属性情報(性別、年齢など主に顧客管理に利用されている情報)や、ユーザーの行動ベースのデータを取り扱うことがほとんどです。行動ベースのデータはWebサイトの閲覧履歴であったり、検索履歴や広告の接触情報であったり、最近では店頭での購買行動なども含まれます。しかし、属性と行動履歴だけではユーザーの“人となり”まではわかりません。ユーザーの意識や価値観の情報もDMP内に取り込むことができれば、ユーザーの“人となり”という切り口で分析やセグメントができるようになります。

アクシバルでは「MindDMP」に意識・価値観のデータを蓄積しており、そのデータを基にセグメントすることが可能です。「MindDMP」を使うことで属性や行動ベースでターゲティングしていたインターネット広告に、「意識・価値観でターゲティングする広告」という新たな手法を導入することができます。また、自社サイトのユーザーや顧客の意識・価値観を把握することも可能です。

インターネット広告は効果が可視化できるがゆえに、行動データのみを効果指標としてきました。しかし、「MindDMP」を使って意識・価値観でターゲティングできれば、需要が顕在した人たちだけでなく、マスメディアと同様に潜在層も狙っていくことができるはずです。

また「MindDMP」運用サービスと合わせ、その他のデータや各種広告プラットフォームを駆使した高パフォーマンスな広告運用サービスを提供し、広告主企業のコミュニケーション戦略を包括的にサポートして参ります。

※ビジネス特許出願中

MindDMPについての
お問い合わせはこちらから

お問い合わせ