ADK特別記念フォーラムにおける特別講演

3つのデータを統合した“3Dデータベース”とは

セミナー会場全景

親会社である(株)アサツー ディ・ケイと(株)宣伝会議様の共催で開かれた「コミュニケーション未来2020」において、講演する機会を得ました。ランチタイム・ミッションの10分間という短い時間でしたが、興味を持って聴き入ってくださるマーケッターの方々も多く、有意義なセッションとなりました。

セッション内容
アドテック九州2014

テーマは「3つのデータを統合した『3Dデータベース』とは」。これまで蓄積してきた独自の調査に加え、(株)インテージから提供を受けた購買データとメディア接触ログデータを、意識・購買・メディア接触データに統合した「3Dデータベース」の魅力を、このデータベースを利用した最新事例も踏まえてご紹介しました。

イベント概要
アドテック九州2014

「コミュニケーション未来2020」

1億2千万人の“行動”と100万社のマーケティングテクノロジーの進化が実現する2020年以降の社会の姿を洞察し、そこから導き出された消費者動向の予測を踏まえ、企業のマーケティング活動やコミュニケーション活動がどうあるべきかを議論する熱い場となりました。

2014年10月17日(金)
虎ノ門ヒルズフォーラム メインホール

参考情報

http://www.advertimes.com/special/adk/
http://www.sendenkaigi.com/event/com2020/